炎症とがんの関係

相談

急性肝炎は、慢性化して慢性肝炎や肝硬変を経て肝臓がんになることがあります。肝臓がんの診断には超音波検査や画像検査法が、治療には外科手術・焼灼療法や肝動脈塞栓法が用いられます。B型ウイルス肝炎はワクチンで予防できます。

詳しく見る

非常の気づきにくい病気

医者

今では多くの人にタバコを吸われているでしょう。ですがこれがきっかけで多くの病気を引き起こしてしまうのです。その病気には食道がんがあるのですが、この病気にかかると大変な事とされているのです。

詳しく見る

サイトメニュー

早期発見するには

医者と看護師

膵臓は、病気が発症した場合にも自覚症状を感じる事が難しい器官です。膵臓の病気に、すい臓がんがあります。すい臓がんは定期検診や人間ドックで発覚することがほとんどです。すい臓がんは早期発見ができれば完治も見込めます。

詳しく見る

負担のないプログラム

ドクターとナース

国内で高い死亡率を誇る病が、がんです。切除が難しい髄膜腫はガンマナイフで治療が行われます。患者数が多くなっている大腸がんは、腸を整えるサプリの利用で抑制できます。脊柱管狭窄症は十分なリハビリで後遺症と再発を防止できます。

詳しく見る

ピンポイントでの治療

聴診器

ガンマナイフ治療は、髄膜腫などの腫瘍に高い治療効果をもたらす装置です。放射線をピンポイントで照射することができるので、他の臓器などの影響を抑え、目標である腫瘍へ治療を行なうことができるのです。

詳しく見る

サプリで腸を整える

ナース

日本人の死因として上位ランクする病が、大腸がんです。この大腸がんの影響を防ぐためには腸内環境を整える必要があります。牛乳やヨーグルトなどのほか、ビフィズス菌を多く含むサプリメントの利用が効果的です。

詳しく見る

筋力の向上で症状緩和

ドクター

脊柱管狭窄症でのリハビリは、ストレッチと筋力トレーニング、バランストレーニングの三つの柱で行います。腰周辺の筋力を付けることで、後遺症の緩和と再発防止が行えるのです。リハビリ自体は負担がないので、誰でも行なえます。

詳しく見る

消化器のがんについて

カウンセリング

大腸がんは、現在日本でも増えているがんです。食生活などが影響していると言われており、早期に発見することが求められています。大腸がんの検査では、最近内視鏡が使用されており、早い段階で病変を切除することも可能なのです。

詳しく見る

予防法と再発

ハート

予防法

どの癌においてもそうですが、大腸がんに関しても予防するのにも原因になるのも食生活というものはとても関連が深くなっています。では具体的に大腸がんになりにくいようにするにはどういった食生活を送ればよいのでしょうか。まずは、過剰に肉類を摂取すると癌になりやすくなるといわれています。肉類をたくさんとると、それを消化吸収するために胆のうから胆汁という消化液が出るのですが、この消化液の中には発がん性物質が含まれていて、これが大証の中に長期間とどまっていると大腸がんが発生しやすくなるということが分かっています。なので、野菜など繊維質の多いものも食べるようにして、体内にできるだけ長い期間食べたものが残らないようにしておくことが予防にはとても大切だといわれています。

再発の場合

大腸がんが体の中のほかの臓器などに転移、再発した場合には、手術で取り除けるかどうかというのが生存率を高めるうえでは非常に大切になります。残念ながら、現状では抗がん剤などの化学療法だけで転移した大腸がんを完全に消滅させることは難しいので、手術ができるかどうかは転移した大腸がんの場所や数、そして患者さんがその手術に耐えられるだけの体力があるかということを調べたうえで総合的に判断します。大腸がんは肝臓への転移が最も多いがんです。大腸がんと診断された人の中の約1割で肝臓への転移が見られ、大腸がんの手術を受けた人の約7パーセントに肝臓での再発が発生しています。もし、手術で転移した大腸がんがすべて取り除ける場合は、4割の人が治る可能性があります。早期発見できるように、また再発しないように退院後の日常生活は注意して過ごすようにしましょう。

人気記事